1999年4月1日(木)

・日帰 4名様
・宿泊 9名様 
 新入社員が入社しました。高校を卒業したばかりのお二人です。

 おいおいこちらのページでご紹介させて頂きます。

1999年4月2日(金)


・日帰 0名様
・宿泊 5名様
 

 5月号の「つり人」に嵐渓荘が紹介されました。

 渓流解禁となり、さっそく釣り人が現れました。

 〜信濃川水系、守門川。守門川及び周辺河川に昨年6月からイワナ稚魚4万2000尾、ヤマメ稚魚4万5000尾が放流されている。宿の周辺ではヤマメ、イワナ両方ねらえるが、上流部はイワナだけになる。例年、雪代が落ち着くのは5月くらいとのこと。また、7月からは鮎釣りも楽しめる〜

 だそうです。こんなに多く放流していたとは知りませんでした。

発見されたフライマン

1999年4月3日(土)

晴れ
・日帰 2名様
・宿泊 14名様 

 はるはるはるはる!

 ふきのとうが音をたてて伸びていきます。

 青空にくっきりと白く、粟ケ岳は残雪をきらめかせています。

 今年の山菜パーティーは5月1日から、日帰りコースもOKです。

1999年4月4日(日)
日本晴れ
・日帰 73名様
・宿泊 26名様
 春になり、小川のせせらぎも陽光にきらきら輝いています。

 水車もそろそろ出番です。冬の間におかしくなったところはないか検査して、1週間ほど陸の上で渋だししたら、また小川でくるくるくる回ります。

 桜の木につるしたホースからでてくる水は、乙女の滝からサイホンの原理で運んできた水です。試しに手を差し出してみると、まだ冷たくて、雪解け水の様子でした。

1999年4月5日(月)
日本晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 3名様 
 歓送迎会も終わり、静かな宿に逆戻りです。

 お客様にさらに喜んでいただける宿となるように、この時期には、私たち従業員の仕事を最初から見直す「マニュアル検討会」を開催します。

 丸1日半。知恵を絞って、よりよい宿を目指します。

1999年4月6日(火)
晴れのち雨
・日帰 6名様
・宿泊 2名様
 「あら、きれいな雪割草ね・・・。」

 その一言がうれしいです。

 よっぽど「私が植えたんです!」と言いたいところですが、

 ぐっと喉元でこらえてにっこりと。

 お客様が主人公・・・、ですぎた言葉はいりません。

 雪割草のようにさりげないサービスが大事ですね。

 のどかな宿はのどかな心で。

1999年4月7日(水)

・日帰 9名様
・宿泊 7名様 
 春雷がごろごろと鳴り響き、雨が一日降り続けました。

 残雪があとかたもなく消え去ろうとしています。

 桜の花が小さくひとつ咲きました。

1999年4月8日(木)
晴れ
・日帰 6名様
・宿泊 6名様 
 群馬に出張だったのですが、関東方面はもう春まっさかりなんですね。

 赤城山に少しの残雪。富士山は遠くに見えて、里の桜は満開でした。

1999年4月9日(金)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊11名様 
 山菜パーティーのちらしが完成。

 今年も賑やかな新緑の季節がもうすぐです。

1999年4月10日(土)
くもり

・日帰 0名様
・宿泊13名様 
 新潟大学茶道部の皆様が合宿していらっしゃいます。

 最後の朝のお茶席に、女将ともども出席致しました。

 せせらぎを眼下に眺めながら、一服の茶を頂く。

 抹茶を入れておく「なつめ」は、卒業生からの贈り物だそうで、輪島塗りのオートクチュール。世界に一つしかない、大事な物だそうです。

 けっこうなお手前でございました。

1999年4月11日(日)
くもり
・日帰32名様
・宿泊 5名様 
 かわら雀が、木の枝に張り付いたまま餓死していました。

 投げ捨てられた釣り糸にからまり、身動きがとれぬまま枝に張り付いて餓死してしまったようです。

 畑に供養しましたが、川原の掃除を徹底しなければならないと感じました。

1999年4月12日(月)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊10名様 
 山菜パーティーの予約開始!

 詳しくはこちらのページをどうぞ→■山菜パーティー■

1999年4月13日(火)

・日帰 0名様
・宿泊 2名様 
 春の雨はしとしと。

 客室の掃除をしながら表を眺めると、心の中がしんとしてきて、ついつい手を休めて寂しさを握りしめている自分がいたりしますね。守門川は雪解け水でゴーゴーと鳴っています。

 春の雨というのは、なんて寂しいのだろう・・・。

 今日も暇だからかな。

1999年4月14日(水)
くもり
・日帰 5名様
・宿泊77名様
 今日〜明日は嵐渓荘杯グラウンドゴルフ大会です。

 【グラウンドゴルフ】

 ゲートボールの次に来るシルバー向けスポーツとして最近人気があります。短かくて太いゴルフクラブで、大きめのゴルフボールを叩き飛ばし、カップに入れるのではなくポールに当てる競技です。

 気軽な個人競技であり、簡単に始められて、適度な運動と知力を使う。道具もクラブとボールがあればよい。

 と、シルバーに人気な理由がわかります。

1999年4月15日(木)
晴れ
・日帰 4名様
・宿泊 5名様
 一夜あけて、昨日の晩はカラオケで元気をとりもどした参加者の皆様は、朝食を早々に召し上がると、さっそくグリーンに飛び出してらっしゃいました。

 今日はお天気も良く、わきあいあいとプレイする姿は楽しそうでした。

 1ゲームご一緒致しました。ポールの下部には鈴がついていて、ボールが当たると「チーン!」と鳴ります。その音が涼やかで、何ともいえない音色でした。

 次回は5月下旬の「ひめさゆり杯」でお会いしましょう。 

1999年4月16日(金)
日本晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 8名様
 生物部OB会の方々がお泊まりにいらっしゃいました。

 高校時代は【蝶】を追いかけて過ごしたそうです。

 越のこばいもという珍しい山野草が、宿の周辺に自生していることを教えて下さいました。10cmにみたない、小さな白い可憐な野草です。

 よく目をこらさなければ見つけられない花でした。

 吊り橋近くの草むらに生えています。食べられませんので、そっとしておいてあげてください。

1999年4月17日(土)

・日帰 0名様
・宿泊60名様
晴れ

 Trial(おためし)コースでいらしたお客様が、朝まづめでイワナを釣り上げました!

 若いカップルの方。女性もウェダー(おおなが)を履いてらして、かなりの釣り人のご様子。絵になる二人でございました。

 しかし、絵にはなれど魚は釣れず・・・

 「この川は本当に釣れるの?」という耳が痛い質問に閉口しておりましたちょうどその時、ばくっ!とイワナの若いのが釣れてしまって、内心非常にホッとした具合です。

 実際まだ雪しろがばんばん流れていますので、釣りにはまだ早い川です。特に宿の真ん前の川は鮎はちょこちょこ釣れますが、ヤマメ、イワナの類は、あと少し上流に登らないと釣れません。

 ですので、このイワナは貴重な神様からの贈り物なのでしょう。

 神さまからの「もっとお客様に釣っていただけるようにがんばれ」というメッセージと受け止め、本日より守門川爆釣組合を設立します。

1999年4月18日(日)
晴れ
・日帰15名様
・宿泊 4名様 
 新潟市内はもう桜が散ってしまって葉桜でした。
1999年4月19日(月)
晴れ
・日帰10名様
・宿泊 4名様 
 一夜明け、宿に戻れば快晴の下、桜は満開。

 春爛漫、しづしづと花の散るらん・・・

 この1週間はGW前で宿も静かですし、良いですねぇ。

1999年4月20日(火)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 2名様
 カジカ蛙のたまごを川から拾ってきたのが1ヶ月ほど前・・・。

 日当たりのよい水たまりで孵化したおたまじゃくしが、こんなに大きくなりました。

 ぜんぶ蛙に孵化するところを想像すると・・・。

 しかしながら川に棲息するカジカ蛙の鳴き声は麗しく、大合唱が楽しみです。

1999年4月21日(水)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 5名様 
 ひめさゆりの芽がでました。

 今年は5月中旬から6月初旬くらいが開花の時期と予想されます。高城のひめさゆり群生地帯の問い合わせのお電話が頻繁に届くようになりました。

 何度見ても美しいひめさゆりの花です。

1999年4月22日(木)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 5名様 
 最近増えたのは、嵐渓荘の吊り橋まで車で降りてきて、宿の桜と建物を眺めて、そのまま帰ってしまわれるお客様。

 時々、お庭にいらっしゃったりもしますので、お風呂はいかがとお奨めするのですが、ニコニコして桜を眺めて帰られます。

 いやぁ、よろしいんですけれどね・・・。

1999年4月23日(金)
晴れ
・日帰 0名様
・宿泊 2名様 
 熊打ちに出かけていった皆さんの帰りが待ち遠しい今日この頃

 熊はこぶしのつぼみが大好物だそうです。

 辛夷(こぶし)のつぼみは堅くて、化粧品の匂いがするから、

 一杯辛夷を食べた熊の腸は化粧品臭くて食べられないそうです。

1999年4月24日(土)
くもり
・日帰10名様
・宿泊10名様

 お客様の運転手でカーヴドッチワイナリーへ・・・

 手入れの行き届いた庭も有名なワイナリーです。

 ワインの試飲は100円でした。

 新潟でワインというのも不思議な感じですが、

 気候風土は白ワイン用のブドウ種育成に適しているとか。

1999年4月25日(日)
くもりのち雨
・日帰15名様
・宿泊17名様
  こっちに帰ってから、どうもお腹に力が入らず、
  緊張感も取り戻せないでオタオタしてます。

  先日はお世話になりました。

  山菜料理も、お酒も、お風呂もよかったけど
  私にとって一番印象的なのは、ふとんに入ってるときに
  窓越しに(ワイドスクリーンで)見える、そとの風景でした。
  遠近感がなくなって、すいこまれそうなのよ。それが気持ち
  よくて、何回も目をつぶっては「パッ」とやって遊びました。

  さいごの肉体労働もインパクト大! 芽でてきたら教えてください。

  早野様

 肉体労働!?ありがとうございました。

 おかげさまで夏の<ひまわり>が楽しみです。

1999年4月26日(月)

・日帰14名様
・宿泊18名様 
 花が足りないなぁ。

 宿のまわりに花が足りません。

 お越し下さる際に地元の野草をお持ち下さったお客様には

 コシヒカリアイスをプレゼントします。

 宜しくおねがいします!

1999年4月27日(火)

・日帰10名様
・宿泊 4名様 
 そろそろ連休の足音が・・・
1999年4月28日(水)

・日帰 0名様
・宿泊16名様 
 あすから大型連休のはじまりです。

 秘湯日記もしばしお休み致します。

1999年4月29日(木)

・日帰20名様
・宿泊満館 
 
1999年4月30日(金)

・日帰31名様
・宿泊満館