だから・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★平日限定プランの充実と、冬期のお楽しみの開発が必須と結論。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★料理の内容を工夫し、部屋出しから一斉大部屋方式の一部採用でさらに宿泊料金の低減を計る。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

☆WEBですぐにできること

嵐渓荘の料金体系は「泊食分離」を想定して設定されていることを明示する。連泊プランやある程度の料理選択など対応可能であることをアピールし、持てる魅力を正確に伝えるように再度サイト練り直し。

ここ迄おつきあい頂きありがとうございました。

次回のアンケートをお楽しみに!

いい宿造るぞ!
※管理人の顔見せろ!とのことでしたので...

BACK