手間を惜しまず
本当に旨いものを


地元の山菜


名物・牛の石焼き

山菜料理は産地で食べるに限る。理由はふたつある。山菜の種類によっては魚以上に鮮度が味の決め手になるということ。そして食材の特性を知り抜いた山人の知恵と経験が必要だからだ。
 都会では味わうことができない嵐渓荘の独自の味覚。生命力あふれる天然素材を巧みに使った山の滋味を堪能しよう。 最上のゼンマイを一本まるごと煮た、ゼンマイの一本煮。採れたてより塩漬けにしてから食べたほうがうまいアザミ。清水を引き入れた生け簀で育った、歯ざわりのよい鯉。その時折に、里の人が持ちよる旬の素材を手間を惜しまず調理する。ここでしか味わえない嵐渓荘の味覚。あぁ美味しい。

毎日グラフAMUSEより