つとに評判の高い鯉料理を選んだ。鯉と云えば晩秋から、寒の季節を最高として、早春までのものと心得ていたが、この宿のは夏鯉でも旨い。適度に脂があり、身がしまっている。冷たい流水の中で備蓄されているからであろう。あらい、鯉コク、うま煮、どれも良い。中でも、筒切りにして煮込んだうま煮のはらわたは、泥臭も餌臭もない。うまみが凝集している。何時間もじっくり煮込んだうま煮は、しょうゆのうまみとみりんの甘みがなじんで、昔ながらの煮しまった、艶やかなうま煮となる。1時間ほどの煮込みなら、しょうゆの風味をまとった鯉そのものの味わいが楽しめる。東京は葛飾柴又。 この当たりでは、鯉の旬は夏のものとして洗いを賞味しているが、天然の冷たい「清水」で洗う嵐渓荘のものには比較にならない。養殖鯉を自然に戻す環境が違うし、湯洗い作りが多いからだ。脂が強い養殖鯉の旬を、夏とする理由も分からないではないが、渓谷からの清冽な流れで管理された鯉の身のしまりは望むべくもない。嵐渓荘の鯉は村内の養鯉池からのものと聞いた。地しょうゆと、伝統の料理法。四季を通じて好まれるこの宿の鯉料理は土産土法といえる。冬期で珍しいのはタヌキ汁。下田村ではタヌキがしばしば捕れる。コシヒカリと秘伝のみそをつかった下田名物「ひこぜん」も喜ばれている。 みごとな味美味百景/田中一郎著/新潟日報事業社より