つり橋便り > 2003年 > 9月


9月2日

 火星が地球に大接近。ここからもはっきりと見えました。はたして人類は火星に移民できるようになるのでしょうか。その頃、私たちはなにして食べてるのかなあ〜と(^_^;)下世話な空想が・・・。
 もちろん、この地で温泉とともに暮らせていたら良いなあ〜。

9月5日

 秋海棠(しゅうかいどう)が早々と花咲き、赤とんぼが羽を休めるようになりました。まだ暑さは残りますが、陽光には夏の勢いがなくなります。
 ほおずきが落とす影の色も、輪郭がしっかりした黒墨色に。秋がすこし近づいてきました。

9月6日

 栗ももうすぐ口をひらきますね。栗拾いの時期。下田村には2つの栗農園がありまして、けっこう賑わってます。

9月7日

 きのこ採りのおじさんたちが収穫物を宿に届けはじめました。今年は雨の多い夏だったので、きのこには良かったそうな。

9月8日

 ひめさゆりの群生で春には賑わう、高城城址の登山道まで行って来ました。なんかもう空の色が秋めいてきましたね〜。
 減反された田圃には蕎麦が育てられ、白い花が満開です。その横で、稲穂も頭を垂れはじめました。

9月15日

 表参道のネスパスまで行ってきました。
もうすっかり東京にはご無沙汰してましたので、めちゃくちゃ楽しかったです。いろんな人にお会いして、たくさんお酒も呑みました。
 頻繁に東京にでてこれるような身分に早くなりたいと思う反面、こうして半年に1回くらいのペースで東京にくるのも悪くないかもとも思います。刺激があって心地よい。

9月23日

 10月が近づいてきて、ぐっと風情が増してきました。もうこうなってくると、10月〜11月の予約もほぼ満室近くになってきまして、我々の頭の中は、秋をとばして冬にむかっていたりします(*^_^*)。
 まずは紅葉シーズンを乗り越えなければならないのですが、みんな口々に「すずしなったね〜、あとは雪降るばっからねぇ〜」(笑)と雪国の人は、結局冬が恐ろしくもあり、恋しかったりするのかもしれませんね。

 

 

年月一覧表へ

一年前
2002年

あの頃