つり橋便り > 2003年 > 7月

たなばたの季節です。玄関先とラウンジに笹の葉サラサラ・・・。今年はすずしい7月となりました。みんなの願いが叶うといいですね。

アジサイも盛りを迎えました。年をとると(とはいえ、まだ30になったばかりのひよっこですが)、ガクアジサイの方が落ち着いた感じがしていいなあ、なんて思うようになるものですね。
7月も中旬を迎え、今年は涼しいですが、陽が照れば暑い!玄関前の水まきが必要な頃になってきます。毎晩、蛍ツアーが好評です♪今年は例年になく蛍の飛びもいいようです。
鮎の友釣り解禁になり、守門川にも釣り師の影が見えるようになりました。

7月も下旬となりヤマユリが満開です。五輪平農園の群生も見事ですが、嵐渓荘の庭でも香り気高くつぼみが一斉に開き始めました。

春先にまいた枝豆が収穫されました。自作自園の生まれて初めてのえ・だ・ま・め!さっそく茹でて、頬張れば、ん〜うんめえ!また来年も植えようと思います。お客様にお出しするのは、新潟県産「茶まめ」で、旨いこと間違いなしなのですが、自分で作ったという感慨ひとしおで、それに負けない味わいでした。ウンチクですが、枝豆生産No.1は新潟なんですって。で、消費量もNo.1らしいです。

もう後少しで8月です。新潟もそろそろ梅雨明け宣言されます。庭の雑草とりに毎日暑い中地元のお姉さんたちが来てくれています。あっちぇ〜ね〜、やせるいやが合い言葉ですね〜(^_^;)
今年は解禁後も水温が例年のようには上がらず、鮎のエサである川藻の成長がいまひとつ。そのため、鮎のサイズも小さいです。梅雨明け後は暑い日がつづくようなので、川藻も成長するでしょうが、果たして鮎はどうなるやら。8月3日が今年の投網解禁だそうなので、これからどんどん鮎が入荷されてきます。
ことしはいろいろな方からマタタビを譲り受ける機会にめぐまれ、塩漬けで100瓶以上作ることができました。毎年は量がすくないので、売店販売までまわらないのですが、今年は大丈夫です。といっても、人気商品なのでご希望の方はお早めにどうぞ。

 

 

年月一覧表へ

一年前
2002年

あの頃