つり橋便り > 2002年 > 11月

11/5
 今年の初雪は本当に早かった!文化の日の翌々日にばさばさと降ってきました。まだ、紅葉も盛りを迎える前だというのに。これだけ早い初雪は15年ぶりくらい。地元の方々も驚いていました。
 特に今朝のはボタ雪で迫力があり、居合わせたお客様からはため息がもれるほどの見事な初雪でした。

11/14
 早めの降雪にびっくりしましたが、そのあとは消えてまた降ってのくりかえし。本格的な積雪はやはり12月下旬でしょうね。
 モミジとイチョウの落ち葉の赤と黄に雪の白。えもいわれぬコントラストに、朝の散歩を楽しむお客様たちも喜ばれていました。吊り橋手前から守門川を望む。

11/15
 恒例の"冬囲い"がはじまりました。庭木が雪で折れないように、しっかりと木と縄と網で覆ってやります。ベテランのおじさん二人に混じって、助っ人ナガノ君も活躍してます。
 独特な縄の縛り方があるのですが、それを覚えた!と喜んでました。男として縄のひとつも縛れないとね。

11/16
 こんな風に骨組みをして、その上から鉄網をかけます。兼六園などにあるような、お上品な枝吊りによる雪対策では、この辺の庭木はへし折れちゃいます。ああいう風にできれば、かっこいいのですが・・・。
 一本一本、毎年毎年、囲っては外し、外しては囲いをくりかえして、庭木は大きくなってきたのですねえ。先代の主が「草花は植えてもいいが、木はよく考えてから植えろ」と、よく言っていたのは、つまりこの冬囲いがあったからなのですね。

11/26
 新・風呂の工事がはじまりました。むむむ、年内の完成は役所や消防の検査が年末にかかると来年になってしまうので、どうやら難しいとのことです。
 工事は空模様とにらめっこしながら基礎工事を急いでいます。りんどう館からの眺めがこの間、ヨシズで遮られますのでご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

 

 

年月一覧表へ

一年前
2001年

あの頃