つり橋便り > 2000年 > 2月

 1★もう2月・・・

 あっという間に1月もおしまい。2月のハッピーマンデー3連休の予約状況ですが、11日、12日はすでに満館に近い状態です。いろいろ問題があるようですが、ハッピーマンデー制度、宿屋などの国内旅行業者には恵みの雨になるかもしれません。

 2★明日から海外

 準備万端。早く寝ます。

 3★ゴールドコースト

 シェラトン・ミラージュ。プライベートビーチの砂は歩くと鳴きました。ホテルの従業員の対応は明るくはつらつとしていて、すばらしい。ガス灯が揺らめく夜のプールも素敵。

 4★土ボタル

 Song Bird Rainforest という小さなレストラン。しかし、その敷地はなんと約13万坪・・・。夕食のあと、敷地内に生息する土ボタル探索ツアー。足下に気をつけながら、せせらぎに佇み懐中電灯のあかりを消すと青白い光が無限に輝きはじめました。見上げれば森の木立の隙間から溢れんばかりの星空、そして周囲にはこちらが吸い取られてしまいそうな土ボタルの青い光。
 「天空の城ラピュタ」で飛行石に呼応して、洞窟の石達が青く輝く場面がありますが、宮崎駿はこの土ボタルにそのモデルを求めたとはガイドさんの説明でした。納得。

 5★波乗り

 なれない事はするもんじゃないです。首がむち打ちになりました。

 6★ポートダグラス

 ここのシェラトン・ミラージュは、いたるところプールだらけ。あいにく雨期で、天候はいまひとつでしたが、やはりここの従業員の方たちは素晴らしい対応ぶりでした。日本の宿だけが特別「もてなしの心」に秀でているのではないということを思い知ります。

 7★クイック・シルバー

 高速艇で30キロ沖合のグレートバリアリーフへ。陸地は大雨だったのに、沖へ進むほど青空がひろがりました。珊瑚礁のなかに作られた人工デッキから足ヒレをつけて海へ。あぁいいなぁ。魚が泳いでるよぉ。帰りたくないなぁ。

 8★バブル崩壊

 ポートダグラスの町はバブル崩壊してました。メインストリートにも「FOR RENT」の看板が一杯。しかし、今も健在のレストランはどこもおいしかった。ピザやリングィネの濃厚な味はわすれられません。必ず看板娘が一人いるってのは、この土地の習わしなのかな。

 9★そして日本へ

 成田に到着したのは夜。リーガロイヤルホテル成田で旅の疲れをいやします。でかいプールもあるし、ホールやエントランスも綺麗だし、ホテルもいいもんだ。
 明日は戦場へもどるのか・・・

10★旅館

 嵐渓荘に舞い戻りました。思ったよりも雪が積もっていてびっくりしました。明日から3連休。一生の思いでを心にしまって、また海外へ行けるように仕事がんばります。

11★社長の除雪

 「あぁん?また雪らかや」と、社長は困ったようなうれしいような顔をして除雪へ向かいます。宿の周りの除雪作業は社長のお仕事。「除雪は芸術だ」といわんばかりに、社長は除雪にたいそう熱心。除雪機の操作は大胆かつ繊細で、頭の中に設計図をリアルタイムに描きながら作業するのだそうです。
 その地形を知りつくし、雪を投げ飛ばす地点を的確に判断していく。
 除雪する社長は確かに美しい。

12★くんし蘭

 あたたかいところに置いといたからでしょうか。くんし蘭が花咲きはじめました。冬きたりなば春遠からじ・・・。ラウンジにも春の息吹が感じられるようになりました。

13★日帰り入浴

 毎年、嵐渓荘の日帰り入浴のお客様の人数は増えています。理由は分かりません。ブームなのでしょうか。春に村の温浴施設ができることによって、影響はいかがなものか。
 今日もお風呂入りのお客様に「安くしねぇば、へぇ入りにこねぇろ」とアドバイスを頂きました。そうは言っても民間故に屋台裏は何かと大変なんでございます。

14★バレンタインデーです!

 男性従業員はほぼ全員(といっても4〜5名しかいないのですが)2人の人からチョコレートをもらったようです。さすがに今日は泊まりの方もカップルしかいません。特別に「貸切露天」をご案内致しましたが、既に仲良く就寝中でした。
 運が良い(すごく閑の場合)と貸切もできますが、今度のチャンスはいつになるでしょうか。

15★火事

 昨日の話になりますが、17:30頃同じ部落内で火事がありました。石油ストーブが原因で、一瞬の間に火がついたそうです。火事の当時はおばあちゃん2人と幼稚園の男の子しかいず、逃げるのに精一杯で全焼してしまいました。
 雪国の火事は本当に恐い。

16★温泉入浴施設

 4月1日オープン間近の「八木ヶ鼻温泉」。外野がうるさくなりました。「嵐渓荘は大丈夫なのか」「影響ぜったいあるよ」「山菜料理もだすらしいよ」「バス無料送迎3000円〜だって」などなど、かまびすしいったらありゃしない。野球チームの監督って本当に大変なんだろうなぁ・・・と思わず物思いに耽る今日のこの頃。

17★視察

 そんな矢先2月25日に温浴施設見学の話が舞い込みました。村の商工会青年部で視察します。その後は役場の方と「新世紀におけるまちづくり」だそうです。あけてみなけりゃ分かりませんが、嵐渓荘だけでなく下田村の飲食業界に大きな波紋をなげかける「一大事」であることには間違いありません。村の意向も「共存共栄」から「切磋琢磨」に変化したとかなんとか・・・・。民間と公共では土俵が違うことを今更嘆いても仕方ないし、できうることはやっているので、お客様と仲間を信じて真面目に商売するしか道はないように思う。
 ・・・とかっこつけてもやはり不安は拭いされません。

18★大雪

 昨晩から降り始めた雪が、ボサボサと降り積もり40センチ位は積もったでしょうか。これから土・日にむけて更に降り積もる様子です。

19★体調不良

 昨日の昼間から、体調不良が悪化しまして、土日のかきいれどきにも復帰できないありさま。何年かぶりに大風邪をひいてしまいました。嫁には「オーストラリアでもらってきた病気じゃないの?」と、不審な目で見られ、さんざんです。
 そうはいっても初看病。バニラアイスが旨かったです。

20★五十嵐米

 売店に米をおいてみました。実際、この米は旨い。しかし知名度が低い。そして米は炊いてみないと旨さがわからない。宿で出しているのもこのお米。「お食事のご飯おいしいね」と評判なのですが、お土産にはなかなかつながりません。しかし、女将は売店でどうしても精米仕立ての下田米を売りたいそうでして・・・
 もう一工夫が必要のようです。

21★なつぼうず

 夏には葉もなくなって坊主頭みたいだから、なつぼうず。
玄関先のなつぼうずが黄色くかわいい花をつけました。
ふんわりといい香がします。
 いろいろあるけど、早く春がこないかなぁ。

22★雪下ろし

 雪下ろしも3回目。雪がたくさん積もると、宴会場を仕切る仕切板が雪の重みで押されてはずせなくなります。朝も早くから1日仕事で雪下ろし。

23★かなこおり(つらら)

 このあたりでは、つららのことを「かなこおり」といいます。でかいのは2mはあります。小さい頃はかじって食べたりしました。今が一番寒いのかもしれません。

24★八木ヶ鼻温泉「いい湯らてぃ」

 待望の温浴施設視察。お湯に浸かれるというお話だったのですが、工事がまだ間に合わなくて叶いませんでした。
 とても綺麗な出来上がり具合。流行るでしょうねぇ。

25★隣接のスポーツセンター「はやぶさ」

 年間を通じてゲートボールができます。亭主(父)はさっそく嵐渓荘杯ゲートボール大会を計画しているようです。

26★そしてロビーは床暖房

 そして、温泉で床暖房の温浴施設のロビー。
はやるんだろうなぁ・・・。

27★郷土料理は200食

 厨房も見せてもらいました。200食くらいはあっという間につくれそうでした。うーむ、そのくらいはやるかなぁ・・・はやるな。

28★春の陽射し

 ひさしぶりにお天道様を拝みました。雪国に住む者にとって春を感じる素晴らしい瞬間です。

29★うるう年

 今日はY2Kの2度目の山場。旅行会社の皆様は泊まり込みで大変な夜を迎えているとか・・・。お疲れさまです。

 

 

年月一覧表へ

一年前
1999年

あの頃