11月2日にお泊まり頂いたみつを様

宿泊後メールにて、それも「一言物申す!」という「あ、これはクレームだ」と思わせぶりな件名で画像をお送りくださいました。今回は一言でなくて、メール掲載ということで・・・

一言「一言物申す!」

 6ヶ月前にも予約は取ったものの色々と事情がありまして行きそびれ、それからはや6ヶ月念願の嵐渓荘へ11月2・3とお邪魔させていただくことが出来ました。
  嵐渓荘の第一印象は‘自然いっぱい!’という印象をもちました。とくに目の前に流れている川がその印象を引き立ていました。部屋に案内してくださった仲居さんも親切なでした。部屋に入ると獅子落としの音が心を和ませ、静かさを引き立ていました。あまりにも良い音だったので聞き入り、しまいには鳴る回数まで数えてしまいました(ちなみに1回/m)。
 料理は本当に美味しかったです。相方は親のグルメ遺伝子をもろに受け継いで味にはかなりうるさい人なのですが、一つの料理を食べるごとに‘おいし〜’と連発していました。相方は非常に虫が大嫌いなのですが、部屋で飛び回っている虫も気にせず美味しそうに食べいたので相当美味しかったようです。僕の感想も同じく‘おいし〜’です。
  お風呂も綺麗で、お湯も良かったです。体はポカポカ、肌はツルツル。相方も非常に喜んでいました‘なんだか私、若返ったみたい←べたやな〜’。
 とこんな感じでだらだらと書いてしまいましたが、
結論として‘イイ!!’この一言です。また必ず行きます。今度は渓流館のほうへお邪魔させていただこうかと思っております。安くて、うまくて、いい温泉。なかなかないですよね。僕の中の秘密にしておきたかったのですが、あまりに良かったので温泉好きの友人や研究室の先生に報告しました。
  得に先生はかなりの温泉通なので近々行かれると思います。帰り際にご亭主に写真を撮って頂いたので写真を送ります。HPに掲載していただけたら幸いです。

戻る